【自分チャレンジ2/365】教養を身につけた素敵大人になりたい!! 1日1ページ(5分)で1年後に、世界基準の知性が身につくのか??

  • ブックマーク

 

1日1ページ(5分)で1年後に、世界基準の知性が身につくのか??2日目です☆彡

 

「1日1ページ、

読むだけで身につく世界の教養365」

これから1日5分読んで、ブログに報告していきたいと思います。

 

2:文学:ユリシーズとは?

ユリシーズ??初めて聞いた、見た、単語です。

1922年にジェイムズ・ジョイスが書いた

20世紀に英語で書かれた最高の小説らしいです。

「ユリ―シーズ」は登場人物の丹念な描写、言葉の斬新な使い方、

他の文学や芸術にそれとなく触れた個所が多いことで有名らしい。

小説の主人公はレオポルド・ブルーム。控えめで平凡そうな彼だが

作中で出逢う、何人もの変な登場人物に寛容で度量が広い点が、

英雄的な人物と描かれているらしい。

読者には読む進めるのが難しく、特に最終章は大変なことで有名。

この賞でブルームの妻モリ―が心の内をつづった延々と続く思いは

2万4000語を超え、それ8つの文で区切られているにすぎないらしい。

ほぼ私には理解できないだろう。

しかし最終章の心情の描写は見事らしく、最後の数行は特に見どころらしい。

ユリシーズは性描写(ほのめかし程度)があった為

アメリカではわいせつだと2年近く出う版を禁止されたみたい。

なるほど、教養がつきました!!

私は読みませんが(笑)ご興味にある方はこちらにて。↓

  • ブックマーク

この記事を書いた人

赤星 直(あかほしなお)

赤星 直(あかほしなお)

東京在住

娘をもつ一児のパパ(会社戦士:会社員)

一期一会、人とのご縁を大切に、

ワクワクと豊かさに溢れるライフスタイルに向け
予祝・前向きな言葉の力を信じ自分発振中。

★詳しいプロフィールはこちら★彡