リーダーとして覚えておいてほしいこと 野村克也 PHP(書評)ステイホーム週間の読書で読みました。

  • ブックマーク

故野村克也監督。

南海、ヤクルト、阪神、楽天と渡り歩き

マー君や古田などの一流選手を育てた昭和・平成の名将!!

そんな監督が語るリーダーとして覚えてほしいことは何だ?

37歳の中間管理職として組織人として生きる今

素直に学びたいと思いました。

備忘録、自省もこめてまとめておきますね。

◆お買い求めの方はこちらからどうぞ。

リーダーとして覚えておいてほしいこと(リーダーの心得と思想)

プロ野球選手である前に、いかに人間として自分を高めるか。人間力が大事。

人は一人では生きていけない、円滑な人間関係が大事。

指導者の「5条件」と「5タイプ」

1:野球(選手・チームを愛している

2:自分の信念を曲げない

3:個人的感情に左右されず、選手を起用する。

4:自分が得た理論を粘り強く選手に反復させる。

5:これでよいと妥協しない。

名将5タイプ

「管理」して選手を動かす。

「納得」させて選手を動かす。

「情感」で選手を動かす。

「報酬」で選手を動かす。

「実績」で選手を動かす。

 

信用しても、信頼しない。任せて任さず。

任せた以上は最終的には自分がすべての責任を持つ覚悟で臨む。

大事な場面では念をおす。部下に分かっているだろうと任せない。

判断とは「捨てること」

敵を知り、己を知れば、百戦してあやうからず。

あせらずじ時機をじっくり待つ。

間やタメを作り、あせらず、じっくり引きつけて

満を持してここぞの場面で最大限の力を発揮すべし。そうすれば成果が出せる。

結果論で選手を評価してはいけない。

努力に即効性はないけれど、努力は決して人を裏切らない。

見ている人は、見ていてくれる。

リーダーには観察眼が求められる。

(相手が望んでいることや性格を知るためには

まずは相手を観察することが大切だ。

受け答えの時の表情や言葉のはしばしから。

相手の人物像を想像し、それにあわせたコミュニケーションをとっていけば

間違いは起きにくくなる。

 

盗塁のスタートは人生にも似ている。

一点だけ見ていては視野が狭くなりかえって行動を起こしづらい。

少し引いた気持ちで視野を広くして、いいスタートを切る。

 

困ったときは原点に返る(外角低めのストレート)

 

チームを愛する。

属している組織とメンバーを愛すること。

それに加えて、信念、公平さ、辛坊強さ、

妥協しない精神を兼ねそろえている者が真のリーダー足りえる。

◆お買い求めの方はこちらからどうぞ。

人を育て、人をいかす

失敗と書いて、せいちょうとよむ。

固定概念は悪、先入観は罪。

 

無視・称賛・非難の順に評価される。

選手の性格を見極める。

育成には「ほめて育てる」と「相手の反骨精神を引き出す」方法がある。

 

長所を伸ばすより、短所を鍛える(阪神赤星の打力克服事例)

道具を変えることも1つの選択。

 

プレッシャーに弱い選手との付き合い方

失敗してもお前の責任ではない。お前に限らず使っている俺が悪いのだから

と気楽にさせて、自信を与える。

 

教えないコーチこそ、よいコーチ

能力を引き出す3原則

1:教えすぎ、言いすぎはダメ

2:実践で成功体験を積む

3:正しい努力・目標設定をする

 

地位が人を育てる(新庄剛の事例)

 

大事なことは、最後に伝える。

自分のノウハウをおしつけない。

自分が生き残る道を考えさせる。

他人が持っていない何か。特長。それを活かすにはどうすればいいのか。

◆お買い求めの方はこちらからどうぞ。

組織と戦略

監督の仕事は「みつける」「生かす」「育てる」

トレード・コンバート・意識改革

適材適所は能力に勝る(抑えの高津)

◆お買い求めの方はこちらからどうぞ。

 

戦略と戦術は混同しない。

戦略はコロコロ変えない、戦術は修正、変化させる。

戦略を成功させるための、方法が戦術。

安心感は無形の力。

 

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。

不振の時、どうチームを鼓舞するか。

 

リーダーの分身をつくる(古田敦也の事例)

新メンバーにははっきり期待を示す。

天邪鬼にはわざと逆の指示をしてみるのも1つ(門田の事例)

心に刺さる「口説き文句」を考える。

おまえしかいないんだという趣旨の口説き文句を。

 

超一流に大成するにはB型が向いている?

ご興味のある方はこちらのリストをどうぞ。

名球会選手(投手・野手)別、血液型一覧。

 

ユーモアも戦力である。

2つ以上の特長をもち、ベンチ入りを目指す。

もちろんベンチ内を盛り上げるムードメーカーも大事な特長です。

 

攻めることをより守ることのほうが重要

(ヤクルト監督時、松井秀喜と伊藤智仁のドラフト事例)

利益を増やすには2つしかない

売上をあげる(攻撃陣)と支出を抑える(投手陣)

どちらが確実なのか。相手に左右されずに経営する為には。

◆お買い求めの方はこちらからどうぞ。


&nb

 

 

 

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

赤星 直(あかほしなお)

東京在住

娘をもつ一児のパパ(会社戦士:会社員)

一期一会、人とのご縁を大切に、

ワクワクと豊かさに溢れるライフスタイルに向け
予祝・前向きな言葉の力を信じ自分発振中。

★詳しいプロフィールはこちら★彡