【立花B塾】ブログブランディング塾 レベル2(第2回)人気ブログへの基礎固め編~なりたい自分・ありたい自分になる為の情報発信~

  • ブックマーク

立花岳志さん主宰の

立花B塾ブログブランディング

2018年10月からスタートした

レベル1に続き、レベル2を受講しています。

 

レベル2受講目的は

①人気ブログへの基礎固め

②切磋琢磨できる仲間と一緒に夢を叶える

立花さん(師匠)の基本は

レベル1で学んだ

質より量より更新頻度。

おかげさまで19年1月からは

月平均80記事更新ができており、

いよいよ次のステージに進めもうと

感じレベル2をうけようと決意。

心の在り方と

ブログの書き方・情報発信のやり方を

教えていただける

立花塾は本当に私にあっています。

ブログだけでなく、日々の仕事の向上にもつながっています。

【立花B塾】ブログブランディング塾レベル2(第1回目)振り返り

第1回の受講記事は、書き忘れしまったので

画像とポイントのみまとめておきます。

①自分をほめよう

ダメだめワールドから大丈夫ワールドに。

自分にダメ出ししない。

加点、加点、加点方式。

 

②美文を書こうとしない

更新頻度をあげてもいいですが

ハードルをあげてしまって、

美文を書こうとしない。

〇〇じゃないと記事をあげない

〇〇がまとまっていないので記事をあげない

とハードルをあげてしまうが故に、発信が止まってしまう。

発信が止まると自己嫌悪。自分ダメダメワールド突入。

さらに発信、更新が止まってしまう悪循環に。

ブログ更新が続いてきたタイミングで陥る罠ですね。

ハードルを下げて、かけることから書いていきましょう。

③画像をうまく使う。文字は短く。

記事内で別の記事の導線を作ってあげる。

【立花B塾】ブログブランディング塾レベル2(第2回)振り返り

はじまりました。

レベル1からの同期や仲間もいてやる気もアップ。

自己客観視とは?「人気ブロガーになる為の、心の在り方」

第2回テーマは「自己客観視」

「自分客観視とはなにか?」

・自分で自分のことを冷静に見ること

・自分の感情・言動を客観的に感じる。

 

「自己客観視ができないとどうなるか?」

喜怒哀楽に振り回される状態になる。

判断を誤ったり、本来とりたくない行動をとってしまう。

(自分も相手も嫌ですよね。)

 

感情的になっている時に反射的にSNS投稿して

炎上や自己嫌悪につながる行動をとると残念ですよね。

 

そんな時は一旦時間を起き、

冷静になってから投稿する癖をつける。

 

SNSだけでなく、人間関係、会社組織、家庭

すべてにつながってくる深いテーマだと感じました。

 

「自己客観視するってことは感情を押し殺すことなのか?」

そうではなく、

感情に善悪をつけているのは

そもそも人間の思考。

故に感情に良い、悪いもなく、それらはただあるのみ。

だから起きたことに対して

いちいち良い悪い感情を区別せずに、ノンジャジ!

すべての感情は、ただそこにあって流れていくだけ。

と思えれば、悪い感情にいちいち一喜一憂せずにすむことが多い。

これはなるほどな~と思いました。

もちろん良い感情の時は思いっきりはしゃげばいいですし

喜べばいいと思います。

 

ただ、自分の感情の平均値を把握して

今の感情の起伏がどこに位置しているのを

認識できていることが大切だと思います。

そうして、自分の平均値を挙げていくことができれば

幸せな人生を歩めるようなイメージがもてました。

 

「自己客観視ができると」

・自己評価と他者評価が一致しやすい。

・他人の視線や意見に振り回されなくなる。

・感情の波が穏やかになり、優しくなりやすい。

・自己否定に陥りにくい。

・自分が作ったストーリー(悲劇のヒロイン)に陥らなくなる。

 

「現実は甘く優しい」

現実は自分の思考よより甘くて優しいんです。

「苦悩に満ちた世界」

をストーリーに描くとその現実が現れる。

そんな時は、一呼吸おいて

「最強の言葉」

を自分に一言

「それって本当ですか?」

それは事実ですか?あなたのストーリー(妄想)ですか?

って聞いてみよう。

事実とストーリーを区別して、

事実を受け入れて、事実に対応していく。

その対応策を冷静に考えて、対応していくことが

時流に乗るために必要な行動だと学びました。

現実に逆らえば逆らうほど

事実を受け入れずに、ストーリーにしがみつけばつくほど

辛く、厳しい道があるように感じます。

 

「事実」と「ストーリー」の区別ができるかどうかは

体調、気持ちの余裕など心身の状況に

大きく影響すると感じました。

何より自分を客観的に見て、

心身ともに今自分がどんな状態なのか?

把握し対応する

自己客観視が重要なんだと感じます。

私の場合休む時は勇気をもって休む(余裕を保つ為)

睡眠が今後の鍵であることは客観的に見てまちがいないです(笑)

SEO入門(やり方について)

ブログを始めて半年

SEO入門について学び始めました。

同じキーワードをたくさんのサイトが使った場合は

・ドメインが強い順に検索リストに表示される。

・検索結果から多くクリックされると順位アップ

・弱小ブログは相対的に不利

・ニッチなキーワードで上位結果をとり、ドメインを強くする。

独自ドメインが強い理由

・無料ブログはユーザーが全員々ドメインである。

・Googleは検索結果に

同一ドメインから2~3記事しか表示させないというルール。

・アメブロは全ユーザーの中で上位2~3位に入らないと

検索結果にまったく表示すらされない。

弱小ブログの下剋上の鉄則は??

「先手必勝!」

・誰にも使っていないキーワードを使う。

・発売前の新製品・新規オープンのお店・

・先手必勝記事は、後から強いブログが同じキーワードを

使って来ても、ランクが落ちにくい傾向が。

人気ブログを作るとは??

「独自ドメイン」を育てること。

ニッチなキーワードで上位表示がとれると人気記事になる。

ブランディングの道は

・人の役にたつこと

・人の心を動かすこと。

この2つに特化していく戦略が有効だと考える。

というものの、多くのブログは検索サイト経由のアクセスが圧倒的。

なので、検索サイトを味方につけましょう。

検索サイト対策=SEO

・正しい記事タイトル

・正しい見出しタイトル

・正しいリード文

・正しい外部リンク

・正しい内部リンク

検索エンジンは「記事タイトル」→「冒頭の見出し」

→「本文の最初の段落」の順に重視している。

どんないい記事を書いても、検索者(読者)とマッチングされなければ

読まれる確率が上がらない。ミスマッチということですね。

ブログに限らず、営業、商品、というか

人と人との活動自体がそうだと思いました。

 

やはり読者(読み手:相手)を想像し、

検索ワード(相手の行動)を想像し

最適なキーワード(相手に届く言葉)を創造し、

情報価値(役にたつこと)を送贈すること。

シンプルに「おもいやり」が大切だと考えました。

本日から1か月、上記を意識してブログ更新をしていきたいと思います。

【立花B塾】ブログブランディング塾 レベル1 受講記事はいかがでしょうか?

 

 

ブログ始めた当時の私の悩みと解決方法(ブログ始めたばかりの方へ)

 

ブログサクセス爆増セミナー(立花岳志さん&樺沢紫苑さん)のセミナー記事はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

赤星 直(あかほしなお)

赤星 直(あかほしなお)

東京在住

娘をもつ一児のパパ(会社戦士:会社員)

一期一会、人とのご縁を大切に、

ワクワクと豊かさに溢れるライフスタイルに向け
予祝・前向きな言葉の力を信じ自分発振中。

★詳しいプロフィールはこちら★彡