ほめ育 自己肯定感を高めながらのホメ水泳レッスン【4歳娘と水泳日記(NO-2)】(まずは小児用プールから大人用プールへの挑戦)36歳元水泳1級パパが教える子育てプール!!

  • ブックマーク

早いもので、第1回プールから1週間がすぎました。1回目のブログはこちらです。↓

今日午前中に娘との2回目の特訓の約束をしていたのですが

華金の二日酔いで行けず、娘は大号泣(相当楽しみしていたようです)

ゴーグルも購入し娘のモチベーションはMAXでした。

私にすべての非が在るため、約束を守るべく予定を調整し、夕方から第2回特訓へ。

(自分に対しても、娘に対しても約束は守らないといけないですね(汗))

本日は競泳用水着を購入した妻も参加!!これは予想外でした。

夫婦ともども、プールダイエットと一石三鳥の企画に☆彡

指導モットーは「楽しく」「褒めて」

「自己肯定感を高める」を目指してます♪

2月までの指導プラン(パパによる指導計画)

プールに入っている時間は最大1時間程度を想定(体力的な問題により1時間が限界と考えます)

私がスイミングスクール通っている際に、最大1時間のレッスンだった経験より。

1)小プールで水に慣れる・楽しむ。3歳時(7・8月時)の楽しい経験を思いだす。

2)小プール8割:大プール2割の時間配分でプールを楽しむ。

→ゴーグルを購入して、モチベーションアップ。

 

→今日の特訓はここです。

3)小プール6割:大プール4割の時間配分でプールを楽しむ。

4)小プール3割:大プール7割の時間配分でプールを楽しむ。

2)~4)もあくまで、大プールの時間配分は計画。娘が楽しいことを前提に進める。

2月に大プールを怖がらないことが目標なので、比率にはこだわらない。

今回の目標(楽しむこと)

1)小プールに何も意識せず入れるようになる。小プールは楽勝だと思わせる。

2)小プールと大プールの時間比率を8対2にする

3)バタ足が前回(1回目)よりうまくできる。

4)ゴーグルをつけて1回顔をつける。

5)大プールに娘から行きたいという。

6)大プールに2回は入る。

7)ビート板を使って水の中で遊ぶことができる。

今回できた事(嬉しかったこと)

結論としては、1~7まですべて達成。目標とおり

大プールに2回入ることに成功。

25メートルも私がが体を持ち、浮かせながら3回泳ぐことに成功しました(前回は1回)

プールに1回顔をつけることができた点もよかったです。

何よりも、楽しそうだったのがうれしかった!!

流れとして、

小プールの前で一緒に準備体操(もはや小プールに何も障壁なく入ることができました)

ゴーグルをほめながら最初の10分で前回の復習・というより水遊び。

娘は勝手に浮いて(アームヘルパー着用)

私に「見て見て浮けたよ」とアピールタイム。ここはしっかり承認して褒める。

前回はは水に慣れるまで多少時間がかかりましたが、今回は楽勝でした。

期間をつめて来たので水になれたのでしょう。

途中、ママがビート板を持って遊んでいたのを見て、

娘も勝手にビート板を持ってきて遊びはじめ

バタ足をし始めました(私は特に何も言っていません)

前回ビート板でバタ足ができなかったので、

前回と比べうまくなっている部分を褒めに褒めました。

途中娘に、「ママに大プールに入るの見せてみる?」と誘うと「うん」と快諾。

本日1回目の大プールに。身体を持って25メートルを浮かせて1回泳ぎました。

しかし、すぐに「小プールに行きたい」とのことだったので、もちろん無理せずに小プールへ。

引き続き、小プールでバタ足や、鬼ごっこなど、遊びを交えて、20分程度遊びました。

また、娘がママにバタ足を教えると行動も見られ、少しずつ自信がついているようにも思えました。

すると娘から「大プール行きたい」と行きたい発言がでました。

待ってましたとばかりに、大プールに行き、

娘の体をもって25メートルを2本移動しました。

さらに、プールサイドにつかまり、私が手を離して、大プールに浮く練習をし始めました。

さすがにまだ怖いようで、ここは無理せずにやりたいタイミングと娘のペースに合わせました。

ここで、夫婦ともに疲れてきたので、2回目特訓は終了しました(50分程度です)。

今回成功した要因(同じ境遇のパパ・ママへのアドバイス)

1)まずは、パパ(ママ)も一緒にプール遊びを楽しむ。

楽しそうなら、真似てみよう、自分もやってみようと思わせることが大切かと思いました。

ここは1回目同様でした。今回は泳ぎが得意でないママも一緒だったため、

娘は自分ができることをアピールしたりママに教えようとしたり、効果があったと思われます。

ママが泳げないふりをするのもありかもしれませんね。

2)子供に強制しない(子供のタイミングペースにあわせる)

大プールに入るタイミングも、小プールに戻るタイミングもすべて娘のペースにあわせました。

行きたいという言葉をいかに引き出すかがポイントですね。

3)前回「1回目)との差を褒める

できていること、前回と比べてここが上手になった部分については

具体的に褒めてあげるといいと思います。

今回は25メートルが3回も移動できたので

前回から大幅に泳げた点を褒めてあげました。

量が変わらなければ質面(泳ぎ方)を褒めるなどしてあげたらいいのかもしれません。

今回使った褒め言葉

・すごいね~、前回より上手になったね~

・3歳の時にできなかったことができたね~(3歳の時はうけなかった)

・ゴーグルがかっこいいね~。

・バタ足が上手になったね~。

★1日1ほめ(ホメの力を信じて)というブログも書いています★

次回の目標(楽しむこと)

1)大プールで浮くことができる。

2)小プールと大プールにいる時間比率を変える

(今回は8:2の時間配分でしたが、次回は7:3、可能であれば6:4の時間配分にしよう)

・楽しむことが目的なので、娘が大プールを少しでも嫌がったら、小プールに戻す(自信をつけさせる)。

3)プールに顔を2回つけることができる。

無理にとは言わないが、ゴーグルをつけて、顔をつける回数を増やしていきたいと思います。

【最後に】36歳元水泳1級パパの紹介♪

3歳から親の意向でスイミングスクールに入会する。

鬼のようなコーチに指導をうけ、泣きながら4歳のプール教室に通う。

当時同じレッスンの子達は全員号泣しながらレッスンをしていた記憶が。

(現在であればSNSで拡散し大問題でしょうが、時代ですね(笑)

本当に行きたくなく、家の柱にしがみついて拒否したが、

当時流行だった聖闘士星矢のおもちゃに釣られレッスンを受ける

(進級テストに受かれば買ってもらえた)

聖闘士星矢効果により、順調に進級し、

あと1つ進級すれば鬼コーチから天使コーチに変わるという場面で転勤に(笑)

鬼コーチのレッスンの成果もあり、転勤先の小学校・中学校ででは無敵(選抜にも選ばれ水泳大会へ)

別のスイミングスクールでは、月4回の練習日のうち(月1回のみ参加)でもどんどん進級し

特別コースへの要請を何度も受けるが、水泳に楽しさを感じず、1級を取った小6でプールを辞めました。

大学時代はバイトで地元の小学生(泳ぎが苦手な子達)にプールを教えていました。

そんな私は、娘にスパルタ教育をするつもりは全くなく

何事も「やれば、できる」ということが自己肯定感を高める一貫として水泳を教えようと考えました。

水泳は好きですし、教えることも好きなので。

もし娘が水泳やりたいと言い出せば、選択肢として与えることはできますし、そこは娘の自由です。

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

赤星 直(あかほしなお)

赤星 直(あかほしなお)

東京在住

娘をもつ一児のパパ(会社戦士:会社員)

一期一会、人とのご縁を大切に、

ワクワクと豊かさに溢れるライフスタイルに向け
予祝・前向きな言葉の力を信じ自分発振中。

★詳しいプロフィールはこちら★彡